根底の想いは同じ

投稿日: カテゴリー: まめ助, 未分類

おはようございます!

まめ助です〜!!

 

さて、今日は少し真面目な話をします。

先日、キャロワギ園長がこんな記事を書いていました。

モノを買うときは、できるだけ “顔の見える相手” から買おうという内容です。

 

消費行動について、僕は以前から、なるべく “良い物” を買うことを

心がけていました。

そして、自分自身が生産者という立場になって以来、

良い物を買うことで、その生産者さんや携わる人を “応援したい” という気持ちも

新たに芽生え始めました。

 

今日は僕の住むまちの、とある生産者さんを紹介します!

 

僕の住む淡路市生穂で三代続く布団屋さん、『冨久屋』さんです!

店内には、色とりどりの布団を始めとする寝具がたくさん並べられています。

布団は天然の素材にこだわっており、その全てがお店の工房で手作りされています。

 

そして、僕がいま使っている寝具は、全てこちらのお店で購入しました。

お店で布団を選んでいたとき、勧められた布団に実際に横になり、

その寝心地の良さを体感させてもらいました。

その時点で、その布団が素晴らしいものであることはわかりましたが、

買うことを決断する決め手になったのは、職人さんから伝わる熱い想いでした。

想いの強さが、良いものをつくり上げるのだと感じました。

 

世の中には、ものづくりに携わる方々がたくさんいますが、

つくるものに関わらず、その人々の根底にある “想い” は共通している場合が多いと感じています。

 

しかし、時代を追うごとにこういった職人さんの数も減ってきていることに対して、

僕は心苦しく思います。

 

僕はこれからも生産者として、想いが伝わるような良いものを提供していくために、

努力を続けていきます。

その一方で、消費者としてもより良いものを選ぶことで、

良いものが当たり前に流通し、それが受け継がれていく世の中になればと思います。

 

今回、紹介した冨久屋さんは、和やかな雰囲気で迎えてくれる素敵なお店です。

機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてください!

ふとん工房 冨久屋

 

皆さんの住む街にも、さまざまな生産者さんがいるかと思いますが、

いろいろ巡って、直接お話を伺ってみると良いかもしれません。

きっと心を惹かれるお話が聴けると思いますよ!

 

以上、まめ助でした!今日も読んでいただきありがとうございます(^o^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)