いもたろう

白湯でグッとなモーニング〜(*^◯^*)

いもたろう『おはようございます/(^o^)\ 今日はこんな方にお勧めのブログですよ〜!』

 

【こんな方にお勧め】

・胃腸の調子が最近良くない方

・朝ごはんがなかなか食べられない方

・デトックスに興味のある女性

→乙女な男子も歓迎

 

リトル『今日は白湯の作り方メリットを教えてやろうって訳じゃな。ツイてるなー読者の諸君! うんうん。』

 

いもたろう『この仙人はホッといて、早速始めますか!白湯とはなんだろう?って方にまずご説明しますね〜。白湯とは言っちゃえばただのお湯なんです。』

 

 

リトル『ただの熱湯を飲むのではなく、50℃くらいお湯を飲むのじゃがな。昔は湯冷ましとも呼ばれ、薬を摂取する際に一緒に飲まれていたそうじゃ。』

 

いもたろう 『よく知ってるじゃん仙人! では早速やり方をレクチャー! 超簡単だぜ!』

 

 

【白湯の作り方】

⑴やかんにお水(コップ一杯100〜150ml)を入れる

水道水よりはミネラルウォーターが望ましい。(湧き水が近くにあれば最高)

 

⑵沸騰するまで強火

やかんのフタは開けたまま!

(理由は後ほど説明します)

 

⑶沸騰したら弱火にして10〜15分沸かし続ける。

 

⑷火を止めてお湯を冷ます

→人間の体温に近い50℃がベストと言われる

 

⑸完成!!

 

 

リトル『お前にしては分かりやすいな。白湯は元々インドの伝承医学、アーユルヴェーダからきている考え方じゃそうな。』

 

いもたろう『そうなのさ! アーユルヴェーダの考え方の中で、体内には三つの性質があると言われてるんだけど、それが火・水そしてなんだって。だから空気の流れを良くするために敢えてやかんのフタは開けたままらしい。』

 

リトル『白湯をコップに注ぐ時はフタしないとちと熱いがの。』

 

いもたろう『ほんの朝の僅かな時間で出来ちゃうし、意外に美味しいんですー! 良かったら挑戦してみてね/(^o^)\』

 

【白湯の良いところ】

お湯だけで優雅な朝を味わえる

・意外に美味しい

(物足りなかったら、ハチミツや生姜がお勧め)

・内臓が目を覚ます

→1℃上がると免疫力30%向上、基礎代謝10-12%上がると言われている。

・朝ごはん食べる30分前に飲むと食欲が出てくる事も

 

 

リトル『あの長澤まさみさんや桐谷美玲さんもやってるらしいぞ。。。』

 

いもたろう『マジ?! それはやるしかないでしょ(笑)』

 

 

【まとめ】

食にまつわる色んな健康法がありますけど、やっぱり美味しくないと続かないですね!

僕らの作るお野菜も自然栽培という手段ではなく、美味しさを伝えたいですし、そこクローズアップしていきたいと思いました。

 

では!  ご一読ありがとうございます!

 

-END-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)