ミャンマー視察記➀

投稿日: カテゴリー: キャロワギ, 柏木農園

どうも、中二病のキャロワギです。

 

ちなみに中二病(ちゅうにびょう)とは、

「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。

 

 

らしいです。(笑)

ようは、夢を語りながら公園でギター弾いてる痛いやつです。(笑)

まさに僕にぴったりですね!

 

さて、先日

5日間ほど

ミャンマーに行ってきました。

 

実は人生初海外!!

がミャンマー!!(笑)

 

実は小学生のころから

いったことないのに

ミャンマーが好きでした。

なんとなく。

 

そして最近も海外展開するならミャンマー

と考えており人にも話していたら

ミャンマーに行くことになりました!(笑)

 

まさに有言実行ですね(*´▽`*)

 

有言実行とは、

言ったことをやる

だけでなく

言ってると実現するという意味でもあります。

 

まさに今回は行きたいって言ってたら

ミャンマーで事業を行う人に出会い

一緒にビジネスをすることになり

来月行くんで来ます?って言われたので

行きます!って感じの流れです。

 

はじめから、銀行・政治関係者とつながり

農地も借りれることになりました。

 

詳しい話は後日(^^)

 

ミャンマーは日本の2倍の面積で、

人口も5000万人

信心深い仏教国です。

 

知り合いも財布を3回落としましたが、

3回中身そのままで帰ってきました。

ある時は子供たち20人に追っかけられて

「襲われる!」と思ってしばらく逃げましたが

追っ手はしつこく、ついに捕まりました。

そしたら

「財布落としたよ」と言って、渡して

そのまま戻っていったそうです。

有難く、少しでもとお金を渡そうとしたら

絶対に受け取らなかったそうです。

 

とても真面目で、やさしく、笑顔な素敵な方が多いです。

 

最近は経済成長がめざましく

高層ビル群も増え、

高級ホテルもあります。

シャングリラホテルですね。

 

ただ経済格差は大きく、

ホテルのすぐ後ろの露地はこんな感じです。

屋台がものすごく多いです。

こちらも活気があります。

 

ちなみにこの写真は日本でいうと東京みたいな

場所で、ミャンマーの中心地です。

 

それでも1本路地に入ると差がありますね。

 

人口約5000万人に対して、

約70%が農民です。

 

TV[や雑誌、街並みを見ていると

1960年代から70年代の日本のような雰囲気です。

まだまだ郊外に出ると大きな道路と田んぼしかないような

感じで、幹線道路沿いには屋台がぞろり並んでいます。

 

発展途上国ですが、

識字率はなんと93%以上です。

インドが約70%。

仏教国でお経を読むこともあってというのも理由の一つですが、

学校に通えなくても働きながら隅で教科書を見て勉強している

こともあります。

 

そんな光景をみて、

学びたい人が学べるように。

ミャンマーの人がひとしく豊かになれるようにしたいと

強く思いました。

本当に幼い子が働いています。

チェーズーベエー(ありがとう)と

ちゃんと伝えたくミャンマー語を少し覚えました。

 

農業の発展に貢献できれば

みんなの所得も上がり、

自然栽培で輸入に依存せず自活できる

農業を広めたいです。

 

農地も視察してきたので、

次回のブログで書きますね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)