ミャンマー視察記➁

投稿日: カテゴリー: キャロワギ, 柏木農園

どうもこんばんわ。

中二病キャロワギです。

宇宙人、サムライなど良く言われます。

 

先日ミャンマーの視察の話を触りだけ書きました。

今回は農業のことも(*^^*)

 

ミャンマーは人口5000万人で

農民は約70%、

つまり3500万人ちかくいるそうです。

日本の農業人口は200万弱と言われていますので

ものすごい数です。

そして日本の耕作可能面積の2倍!

でもまだ水牛車で田んぼを耕している所があるくらい

まだまだ発展途上です。

 

 

ミャンマーの南東部、

パアンという場所です。

雨が多く、ずっと湿ってるもしくは

水が溜まっています。

 

写真では分かりにくいですが

古い方の手押し耕運機で耕しています。

 

水気が多いので、お米や大豆がメインで

葉物や根菜類はなかなか難しいです。

また南国果樹(バナナやマンゴー)などは

作られています。

 

地元の市場です。

とても活気があって賑やかです。

 

見たこともない葉物や果物がありました。

とても安いです(例えば、100g10円とか)

 

一方で、高級スーパーでは、

キレイに並べられています。

価格は市場の約5倍から10倍!

やけにてかてかしてる果物が多いです。

 

葉物や根菜類は実際

キレイに梱包されてても野菜の質的には

あまり市場と変わらないです。

なかには日本では売れない見た目の野菜も多いです。

それだけ日本が見た目を重視してるのか、

ミャンマーの商品レベルが低いのか。

 

とにかく農法、生産効率、品質などどれをとっても

まだまだ可能性がありそうです。

 

今回はご縁があって、

ミャンマーの新設の銀行のトップと

農業政党のトップと会えました。

 

是非ミャンマーの農業の発展を協力してほしいと

ご要請頂きましたので、ゴリゴリやっていきたいと思います。

 

ミャンマーでの農業の

ビジョンと想いについては次回書きますね(^^)/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)