キャロワギ柏木農園

心の中の耕盤層

皆さん、おはようございます!

いつものキャロワギです。

本日は東京羽田空港から記事を書いております(^^)

今回は「心の耕盤層」についてお話したいと思います。

耕盤層ってなんやねん。

ですよね(笑)

耕盤層っていうのは農業用語で

畑に大きな機械を入れたり作業で地面を踏みしめたりしているとできる

土の中の硬い層です。

こんな感じ。

この層は酸素を含みにくく、

植物の根もこれより下に行きにくくなります。

植物の根は土の中でも

酸素を必要とします。

だからフカフカでスポンジのような

水分も酸素も含んでいる畑を好みます。

だから耕したり、良く下まで根を張れる雑草を利用して土の中の硬い層を柔らかくしたりします。

お米のような水分が大好きな植物は

むしろこの層があるおかげで田んぼに水を維持でき生育できます。

ただ多くの野菜はこれとは逆の環境を好みます。

実は、この耕盤層。

普段私たちの心の中にある

常識や当たり前と思われていることに

例えられてるんじゃないかって思うんです。

親や先生、友達、他の大人の人に聞いたこと、言われてきたこと。

広告、新聞、ラジオ、雑誌などマスメディア。

たくさんの情報が自分の心に入ってくることでどんどんと心の下の部分、

土の話でも耕盤層や心土層っていうんですが、そこが固く踏みしめられていくんじゃないかと。

森林の土やその他自然の状態の土は

腐葉土がたまり、掘ってみるとホクホクで

非常に柔らかいんです。

僕らも生まれたての状態は誰にも耕されず

心もフカフカの状態なんじゃないかと。

だから正義のヒーローにあこがれるし(僕は今でも(笑))

本気でかめはめ波が打てるんじゃないかって思います(笑)

多くの幸せそうな人、成功している人は

よく根拠のない自信を持ってるなんて聞きますよね。

まさにそれがこのことなんじゃないかと。

つまり人や情報によって心に踏み入れられることが少ない、

もしくはそういったものからうまい距離感を保っているから心の耕盤層(常識)が少ないんだと思います。

だから他の人が

「それ無理だよ」「出来るわけない」

「前例がない」「経験がないじゃないか」

っていう常識的な意見に耳を貸さない

(はい、僕です(笑))

ある意味、非常識!(笑)

正直言って幸せな人、成功してる人って

他の人とはアリとゾウほどの違いはないと思うんです。

もし今心の耕盤層によって、

自分の可能性を閉じていたり、

もやもやしていたりする人は、

心の耕盤層をすこしほぐしてあげれば良いと思います。

僕らは自然栽培という方法によって

雑草さんの力を借りたり、微生物くんの力に頼ります。

それと同じように、

いままで頑張ってきた自分を少し褒めてあげてください。

雑草さんも微生物くんも栽培方法が違えば

邪魔だったり、病原菌扱いで嫌われます。

でもそれと同じように自分を嫌ったら

人生が窮屈になるし、心の耕盤層も硬いままだと思います。

雑草さんにも微生物くんにも、自分にも

愛を持って接してみる。

すると自分の幸福のタネの根っこが下に元気よく生えて、

酸素を吸い、養分を吸い、元気になって花を咲かせるかもしれませんね!

ってキャロワギも、

たまにはちょっといい話もできるんですよ(^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)