キャロワギ柏木農園

大切なのはストーリー

おはようございます!

梅雨だけど、今日も淡路島は快晴です!

 

先日淡路島で有名な陶芸家、

樂久登窯(らくとがま)の西村さん

の所にお邪魔してきました!

 

僕らの訪問の記事を書いてくれています(*^^)v

http://rakutogambook.jugem.jp/?eid=519

とても素敵なギャラリーに並べられた

お洒落で深みのある品々。

触り心地や見た目、

テーブルに乗った時の存在感など

とてもよいです(*^^*)

とても作品の背景とつながりを

大切にされています。

陶芸品の光沢や色みに大きく

影響する

釉薬(ゆうやく)というのがあって

このお皿たちは実は簡単に言うと

ガラスでコーティングしているような

ものなんです。

 

その釉薬の材料として、

淡路島の海水からつくる

塩を炊く際に出る灰や淡路島の森林、

山から採れる草木の灰など

人やその土地に関わる材料を

使っています。

 

そこからできる作品だから

ここでしかできない

色み、質感がオリジナルなんです(^^)!

 

西村さんは、

野菜を作ったり、養蜂をしたり、

皆でその時に採れる食材で料理をしたり、

ライフスタイルとして

自然や循環というキーワードを

を取り入れている方です。

自然栽培の野菜作りと

リンクするところもあり、

一緒に何かを作り上げていきたい!

と感じさせて頂ける方です。

 

是非素敵な作品を見に

行かれてみてはいかがでしょうか!!

 

樂久登窯(らくとがま)

http://rakutogama.com/

兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2667−2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)