自然栽培のお茶作り!

投稿日: カテゴリー: キャロワギ, ミャンマー, 柏木農園, 生産者, 自然栽培
မင်္ဂလာပါ   ミンガラバー!
 

最近ミャンマーづいている

キャロワギです。

 

今日はなんと!!

自然栽培でお茶を作っている生産者を発見したので紹介です!

またお茶作りの工程もご紹介します😄

 

今回はシャン州の高山地帯、Pindaya(ピンダヤー)に行き、

そこで自然栽培のお茶を発見しました!

絶景を見渡せる標高1500〜1600mくらいの

高い山間に村があります。

最高のロケーションと過ごしやすい気候の素敵な場所です。

たまたまシャン州のビジネスリーダー会議に潜り込み出会った

ファーマーに会いに行きました!

Thu aung(チュアン)君です!

29歳で僕の一個下です。

なんと日本語も少しできます!!

 

僕のつたない英語と若干の日本語で

事業の想いやビジョンを伝え、共感してくれ

ぜひ村を助けるためにも一緒にやりたい!と言ってくれました(>_<)

嬉しい、、、

 

ここが自然栽培のお茶畑です。

そして加工場です。

お茶の葉がめちゃくちゃフルーティーなんです!

こんな香りがするんだ!と驚きました。

これが最初の工程で、

蒸し器です。

次に熱を冷ましながら揉む工程。

これで乾燥させます。

最後に焙煎工程。

お茶やん!って香りがします。

最高、、、

最後に選別ですね。

大きい葉っぱは大味で美味しくないので、

弾きます。

もちろん枝も弾きます。

 

この作業はまじでしんどそう。。。

だけど美味しいお茶のためには必要なんですね。

 

めちゃくちゃアナログだけど、

だからこそ美味しく感じれる。

そして実際にめちゃくちゃ美味しいです。

 

価値あるものが価値として伝わって、

そしてだからこそ成り立っていく。

 

これを伝える人、届ける人がいて

生産を続けられます。

 

このミャンマーの手塩のかかった自然栽培のお茶を

日本で紹介したいと思います!!

 

出会いに感謝!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)