未分類

世界が変わる技術②~第3の農業革命~

どうもいつものキャロワギです。

 

今回も前回の続きです。

 

世界が変わる技術。

日本でパイナップル、バナナ、そしてコーヒーが育てられる!!

考えもしなかったことです。

 

この技術は、

凍結覚醒法という技術です。

実は現代でも存在する植物たちは

氷河期時代を経験しているもの多くがいます。

 

氷河期といっても場所によっては現在より10度くらい低いイメージです。

バナナもコーヒーもパイナップルもその時期を経験しています。

そして種子はその当時の経験を記憶しているんです。

 

凍結覚醒法は植物の種や生長細胞を

マイナス60度の環境を徐々に作り

その記憶を呼び覚ますものです。

 

RNAとかなんとかっていう用語もあるのですが

難しい話は置いといて。

遺伝子組み換えでないクリーンな技術です。

 

しかもこの技術がうまく種子や細胞に働きかけた時、

植物の成長速度も飛躍的に向上します。

 

みてくださいこれ。

 

 

上も下も生育半年から1年とのことです。(笑)

 

 

通常ではありえない成長スピードです。

なんと実付きまで約半年。

 

常識を大きく超えてます。

しかも栄養価も通常より高いとのこと。

 

前回も話しましたが、

通常より10度低い環境でも育つようになった

彼らの天敵はこの環境では住めず、

よって最強です。

もちろん万能ではないですが。

 

この技術は様々な植物にも応用できるようです。

 

グリーンナッツ

 

コーヒー(熟してます!!)

 

カカオ

 

その他ありとあらゆる作物にも

同様の効果があるのではないかと言われています。

 

世界が変わるとは、

ここ淡路島でも、都会でも

世界中の植物が育てられる!!??

 

ということです。

 

全ての地域で地産地消。

輸入に頼らず、クリーンな植物を育てられる。

輸入によって仕方ないポストハーベストの問題も

起こらない。

 

最高の世界になります!!

まさに世界が変わる技術。

 

絶対試してみたい!

てかやります!

 

本当に胸が熱くなる

そんな貴重な学びでした!!

 

つづく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)