キャロワギ柏木農園

世界が変わる技術~あの果物が~

どうもおはようございます。

キャロワギの投稿です。

 

先日、とある農場に見学に行きました。

そこでは、

世界が変わる技術であの果物が栽培されていました!

 

これがなんだか分かりますか??

 

これは??

 

そう、上がバナナで

下がパイナップルです。

 

沖縄でも宮崎でもなく、

日本でここまで元気に

バナナとパイナップルが育つなんて

異次元です。。。

 

ありえない。。。

 

衝撃的過ぎて理解するのに必死でした。

 

実はある技術で作物の潜在的な能力を引き出して

本来熱帯でなければ育たないものを

ここ日本の本州で栽培することが出来るようにしています。

 

遺伝子組み換えでもないし、

農薬も必要としない。

 

なぜ農薬を必要としないかというと

本来この果物が育つ地域の温度帯の

北限(寒さの限界)をこえているために

特有の病気や虫が周囲に存在しないからです。

 

つまり無敵の状態!!

 

40年の研究の末に見つけたこの技術。

 

 

バナナは日本では大人気で誰もが好きな果物です。

国内では1%程も生産出来ておらず、

年間100万トンの輸入に頼っています。

 

検疫、輸入の段階で海外の虫や病気を連れ込まないために

燻蒸処理や薬剤処理が必須なのが輸入のつきもの。

青いまま収穫され、エチレンで熟成処理を受けたものしか

ないです。

 

ポストハーベストの問題が解決しないんですね。

 

さらに、世界のバナナ産業では

新パナマ病、パナマ病という病気が進行し

バナナの生産に大打撃を与えています。

 

もし国内でバナナやパイナップルが生産されれば

農薬も必要なく、完熟したものをそのまま皮ごと食べれる。

 

まさに夢のような話ですね!

 

 

美味しそう(”Д”)

 

実は見学の時には在庫なく

食べれなかったんです。。。泣

 

次回リベンジ!!

 

 

世界を変える技術の話、つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)